大阪市の職員2名が分限免職(クビ)に!

YjHrXl

能力不足を理由に職員2人が解雇されたというニュースです。
能力不足とは、
・上司の命令に従わない
・指導されても改善しない
などが該当するようです。

これは、橋本徹 大阪市長が府知事時代に構想した
「大阪府条例第86号 職員基本条例」の15条に基いています。

職員を5段階で評価し、職員数の5%に対して最低評価をつけなければ
ならないと書かれているのです。

こういう条例で、
お役所の体質が改善されるなら
歓迎であるが、
「長」が能力不足の場合、
誰が判断するのだろう?

部下が能力不足なのは、
上司のせいだと思うが、
どうだろうか?

船井電機を創業した船井哲良氏の
「リーダーの条件」という項目10個が好きなので、
以下に紹介します。

<リーダーの条件10>
(1)聞き上手
(2)自らを厳しく率先して行動
(3)迅速に、活発に
(4)どんなときも平常心
(5)部下の失敗を活かす
(6)中途半端な叱り方をしない
(7)段取りを意識する
(8)方針にこだわらない
(9)見栄や虚栄で決断しない
(10)究極のリーダーの条件は信頼

やはり、「信頼」ですね。
良い仕事は、お互いの信頼関係から作られると考えますね。

chiezo-bottom1
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加